QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2018年05月09日

これがウワサの花笠舞

こんにちは♪
5月になりましたが、また少し肌寒くなりましたね~kao19

さてさて、今回は吹浦祭の見所の一つ、今年の『花笠舞』の様子を・・・

祭り終盤には、大物忌神社さん境内に設置された舞台の上で花笠舞が舞われます。
鎌倉時代から続いているといわれている花笠舞。見物人がたくさん!


まずは御頭舞、巫女舞が奉納されます。


よく見ると見物人の中に軍手をしている人が。

お祭の役員の方が軍手を配っております。
なぜ見物に軍手が必要なのか??それは後からわかりますkao12

そして舞台の上では無病息災・五穀豊穣を祈念した花笠舞の奉納がicon12
花笠は稲の花や雨を、足踏みやササラの音は雷やカエルの鳴き声を、それぞれ表しています。




最後に舞が終わりますと
例の軍手の出番がやってくるのです。

なぜかと言うと!

舞人が被っていた花笠が見物人に向かって投げられ

見物人が取り合いますicon21

軍手が必要な理由は、そう・・・
ケガしないように
という配慮なのです!

この花笠の花は縁起物とされているため、ゲットできた方は皆さん喜んで持ち帰りますicon12

来年もまた5月4日、5日に開催予定の吹浦祭。
来年のGWは、ぜひ祭を楽しみに吹浦へ来てくださーいkao2icon12



Posted by 吹浦まちづくり協議会 at 13:54│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。